難消化性デキストリンとは?

難消化性デキストリンってなに?

清涼飲料水や加工食品などに含まれるようになった「難消化性デキストリン」。
血糖値を抑える働きがあるとして注目されていますが、
具体的にどのようなものなのでしょうか?

・「難消化性デキストリン」の正体とは?

デキストリン(dextrin)はデンプンを分解して得られるものことです。
つまり難消化性デキストリンとは、「水溶性食物繊維」の一種であり、
人間の消化酵素では消化しにくいデンプン分解物のことを指します。
食物繊維とは広く知られている通り、
人間の消化酵素では消化されにくいため「食後の血糖値が上がりにくい」という特徴があり、
清涼飲料水や健康食品に利用することで血糖の吸収をゆるやかにしてくれます。

・「難消化性デキストリン」は血糖値を上げない!中性脂肪を上げない!

難消化性デキストリンにはいくつかの働きが報告されています。

▼血糖値を上げにくい

血糖値というのは急に上がったり下がったりすることで体や血管にダメージを与えます。
しかし難消化性デキストリンは人間の体内での移行がゆるやかという特徴があります。
そのため、血糖(グルコース)の吸収もゆるやかになり、
急に血糖値が上昇することがないため、
体への負担が小さくなります。

▼中性脂肪が上がりにくい

健康診断などで数値を指摘され、
中性脂肪の高さを気にしている人も多いかと思います。
難消化性デキストリンはその働きにより中性脂肪を上げにくくするといわれています。
難消化性デキストリンによって血糖値が上がりにくくなると、
血糖値を抑えるための「インスリン」が体内から過剰に出ないで済みます。
インスリンは中性脂肪を上げる働きもあるため、
インスリンが出ないことで中性脂肪を上げにくくします。
また、本来は胆のうから出る「胆汁酸」によって脂肪の吸収がされますが、
難消化性デキストリンをとることによって難消化性デキストリン自体が胆汁酸と結合して、
脂肪がそのまま体外へと排出されやすくなる
といわれます。

▼便通をサポートする

「食物繊維をとると便通を促す」と知られている通り、
難消化性デキストリンをとることで便通をサポートすることができるといわれます。
難消化性デキストリンは人間の結腸あたりまでくると面積が大きくなり、
便の量を増やして排泄しやすくしてくれます。

・難消化性デキストリンの注意点!
摂りすぎると便秘になる?

難消化性デキストリンは便通をサポートするとして知られています。
しかしその話がひとり歩きをして、
難消化性デキストリンをとればとるほどいいと勘違いしているひとが多いです。
難消化性デキストリンなどの水溶性食物繊維は、
じつは摂りすぎることでかえっておなかの調子を悪くすることがあります。
水溶性食物繊維は水分をたくさん含み、便を柔らかくしますが、
とりすぎることでおなかをゆるくしてしまったり便秘を引き起こしてしまうことがあるのです。
サラダダイエットとして食事をサラダだけにしているひともいますが、
それも水溶性食物繊維のとりすぎになり、
かえって痩せないということにつながる可能性もあるのです。

難消化性デキストリンの効果的な飲み方とは?痩せるってほんと?

最近注目を集めている「難消化性デキストリン」。
トウモロコシなどのでんぷんから作られたもので、
トクホとしても認められています。
そんな難消化性デキストリンはどのようにして飲むと効果的なのでしょうか。
また、ダイエット効果はあるのでしょうか。

・「難消化性デキストリン」とはなにか

難消化性デキストリンとは、その名の通り、
「人間の消化酵素では消化されないデキストリン(dextrin)」のことをいいます。
デキストリンとはデンプンを分解してできたものなので、
難消化性デキストリンは水溶性食物繊維の一種になります。
トウモロコシのでんぷんから作られ、
日本では食物繊維の不足を補うためとして加工食品や健康食品にも使用されています。

安全性が高く、トクホとしても認められており、
「血糖値が急激に上がらないようにする」
「中性脂肪を抑えるサポートをする」などの働きが認められています。

・「難消化性デキストリン」の効果的な飲み方とは

難消化性デキストリンは最近ではさまざまな「清涼飲料水」や「健康食品」に使用されるようになり、
いつでも手軽にとれるようになりました。
でもせっかくならよいタイミングで飲みたいと思いますよね。

難消化性デキストリンの効果的な飲むタイミングとは、
「食事をとるタイミング」です。

難消化性デキストリンは糖質や脂質の吸収をゆるやかにして、
体に負担をかけないようにしてくれます。

なので食事の直前や食事中に一緒にとることで
、血糖値が上がりすぎないようにしてくれたり、
脂質を吸収しすぎないようにしてくれるのです。

また、難消化性デキストリンは熱に強いため、
あたたかい飲み物や食べ物といっしょにとっても問題はありません。
最近は粉末状の難消化性デキストリンが売られており、
自家製の難消化性デキストリンドリンクを飲むことができます。

粉末状で熱に強いため、
おみそ汁やホットドリンクに入れて飲むこともできますし、
市販の飲料水を購入するよりもずっと安価なのでおすすめです。

・「難消化性デキストリン」の粉末はどこで買える?

難消化性デキストリンを使用した清涼飲料水は、
いまでは近くのスーパーやコンビニ、
自動販売機などで手軽に購入できるようになりました。
毎日、仕事や学校に持っていく人もよく見かけます。
また、粉末タイプの難消化性デキストリンは、
「楽天」や「Amazon」などのインターネットサイトでも購入することができます

小さいサイズから家族みんなで飲めるような大きいサイズまでそろっているので、
自宅に居ながら自分のライフスタイルにあったものを注文することができます。

・「難消化性デキストリン」は痩せる?痩せない?

難消化性デキストリンをダイエットのために使用するひとが増えています。

実際に難消化性デキストリンには痩せる効果はあるのでしょうか?
ネットの口コミを見てみますと、
「便通はよくなったけれど体重は変わらない」
「数キロ痩せたが難消化性デキストリンだけの効果とはいいにくい」
「これだけだと太りはしないけど痩せもしない…」
といった意見が多いようです。

たしかに難消化性デキストリンは薬ではなく、
水溶性食物繊維の一種なのでこれだけでは痩せるとは言えないと思います。
しかし便通をよくして腸内環境をサポートすることで、
体の内側から健康を支え、
結果としてダイエットの補助的な役割を担ってくれるのだと考えられます。
肥満傾向のひとや喫煙者は腸内環境が乱れやすいといわれるため、
ダイエットや健康習慣の一環として
、難消化性デキストリンを取り入れるのがよいでしょう。

話題の「難消化性デキストリン」便秘やおならに効果は?

「難消化性デキストリン」は現在トクホとしても認められている、
トウモロコシのでんぷんからつくられた安全な食物繊維です。
腸内環境を整えるサポートをしてくれるといわれていますが、
実際に便秘やおならには効果はあるのでしょうか?

・「難消化性デキストリン」とは

難消化性デキストリンはその名のとおり、
人の消化酵素では消化しにくいデキストリン(dextrin)のことで、
「水溶性食物繊維」の一種になります。

トウモロコシのでんぷんをもとにつくられ、
人々の食物繊維不足を補うためとして現在はさまざまな健康食品や清涼飲料水に使用されています。

・便秘やおならに効果はあるの?

難消化性デキストリンは食物繊維の一種ということですが、
多くの人を悩ませている便秘やおならには効果はあるのでしょうか。

一般的に食物繊維をたくさんとると、
腸内の細菌が活発に働くようになり、
ガスが出やすくなったり便通がうながされるようになります。
なので難消化性デキストリンをとるようにすると、
腸がよく働いて腸内環境が整いやすくなります。

ネット上での口コミを見てみますと

  • 「体重は変化しないけれど便秘がちだったのがよくなってきた」
  • 「おならの回数は増えたがにおいは少し臭くなくなった」

という意見が多数ありました。

・「難消化性デキストリン」をとるベストなタイミング

難消化性デキストリンはさまざまな清涼飲料水に使用されるようになり、
コンビニや自動販売機などで手軽に購入できるようになりました。

では、難消化性デキストリンはどのタイミングでとるのがよいのでしょうか。
難消化性デキストリンは「毎食事」にとるのがおすすめです。
それは難消化性デキストリンをとることで血糖や脂質の吸収がゆるやかになり、
体にあまり負担がかからないようにしてくれるからです。

そのため食事とはまったく関係ないタイミングで飲むよりも、
食事と合わせて飲んだ方がお得ということなのです。

・副作用はあるの?

おなかの調子を整えてくれる難消化性デキストリンですが、
なんらかの副作用はあるのでしょうか?

難消化性デキストリンはトクホとしても認められ、
トウモロコシからつくられているので安全な食物繊維です。

しかし水溶性食物繊維というのは摂取すると便の量や水分を増やすため、
とりすぎるとかえって便秘や下痢を起こしてしまうことがあります。

難消化性デキストリンは薬ではないため副作用などはありませんが、
もともとおなかが弱い人には注意が必要です

「難消化性デキストリン」

どんな効果があるの?
副作用は?
「難消化性デキストリン」

安全性が高く、トクホとして認められている「難消化性デキストリン」。
食物繊維の一種で健康によいといわれますが、
具体的にどのような効果があるのでしょうか?
また、難消化性デキストリンを摂ることで副作用がでることはあるのでしょうか。

・「難消化性デキストリン」はこんな働きをする!

難消化性デキストリンとは、トウモロコシなどからつくられた「水溶性食物繊維」の一種で、現在「特定保健用食品」としても認められています。日本人の食物繊維不足を補ってくれるとされる難消化性デキストリンには、どのような働きがあるのでしょうか。

▼中性脂肪、内臓脂肪を減らすサポートをする

難消化性デキストリンは中性脂肪や内臓脂肪を減らすサポートをするといわれています。中性脂肪は血液中に存在する脂肪、内臓脂肪は内臓のまわりにつく脂肪のことをいいますが、この2つは増えすぎることで健康を害するといわれます。難消化性デキストリンは脂質の吸収を抑えて、そのまま体外へ排出させる働きがあります。そのため体に脂質を取り込みすぎることを抑え、中性脂肪や内臓脂肪を減らすことにつながるのです。

▼おなかの調子をととのえる

「食物繊維は便通をよくしてくれる」と知られていますが、難消化性デキストリンにも同様の働きがあります。難消化性デキストリンは水分を含み腸内でおおきく膨らむため、便を外へ出しやすくしてくれます。また、わたしたちの腸にいる「腸内細菌」の働きもサポートするといわれています。昨今、注目されている腸内環境にもよい影響を与えてくれるのです。

▼ミネラルの吸収のサポートをする

カルシウムなどのミネラルは、日本人の食生活に不足しがちだといわれます。難消化性デキストリンは「マグネシウム」「亜鉛」「鉄」などのミネラルの吸収率を上げるサポートをするといわれています。そもそも食物繊維はミネラルも一緒に排出してしまうといわれていましたが、むしろ難消化性デキストリンはミネラルを吸収しやすくすることが分かりました。貧血が気になるひとは鉄分が豊富な食べ物と一緒に難消化性デキストリンをとると効率よく栄養素を摂取できます。

▼血糖値の上昇を抑える

ラーメン、お米などの炭水化物や果物が大好きなひとは、血糖値が高めだと指摘されたことがあるかもしれません。血糖値が急激に上がったり下がったりすると血管にダメージを与え、体全体に不調を起こしやすくなります。難消化性デキストリンは血糖値が急激に上昇するのを抑える働きがあります。難消化性デキストリンを摂取すると体内をゆるやかに移動し、糖の吸収や分解のスピードを遅らせることで血糖値を上げにくくしてくれるのです。

・難消化性デキストリンに副作用はあるか?

トクホとしても認められ、さまざまな清涼飲料水にも利用されている難消化性デキストリンですが、副作用はあるのでしょうか。
難消化性デキストリンは摂りすぎることで「便秘」や「下痢」を引き起こす可能性があります。食物繊維はバランスよく摂取することで便通をよくしてくれるのですが、「体にいいからガブ飲みしよう!」と摂りすぎるとかえって腸内環境を悪くしてしまうのです。普段からおなかの調子を悪くしやすいひとはとくに気を付けたほうがいいでしょう。

トクホ「からだすこやか茶W」はなにがすごい?

昨今の健康ブームの中で、とくに注目されている「難消化性デキストリン」。安全で、からだの調子を整えてくれる成分として清涼飲料水などに使用されるようになりました。なかでも人気なのが、日本コカ・コーラから販売されている「からだすこやか茶W」です。

・「からだすこやか茶W」ってどんな商品?

からだすこやか茶Wは、
ほうじ茶をもとに紅茶、
ウーロン茶をあわせたお茶飲料です

。特定保健用食品としても認められ、
「脂肪の吸収を抑える」
「糖の吸収をおだやかにする」という働きをもっています。

ネットの口コミでは「和洋中どの食事にも合うので食事の際には手放せない」
「渋みがなくて飲みやすい」などと書かれており、
その飲みやすさに定評があるようです。

また、食物繊維の一種である「難消化性デキストリン」が使用されており、
食物繊維が不足しがちな日本人に適した商品になっています。

・「難消化性デキストリン」はなにがいいの?

からだすこやか茶Wに使用されている難消化性デキストリンは、
トウモロコシのでんぷんからつくられた安全な食物繊維です。
からだすこやか茶Wを飲むことで、
食後の「血清中性脂肪」や「血糖値」の上昇を抑制したとの報告があります。

つまりからだすこやか茶Wを飲むことで“糖の吸収をおだやかにし、
脂肪の吸収を抑える”というW(ダブル)のサポートが得られるのです。

・トクホってすごいの?

からだすこやか茶Wは特定保健用食品に認められています。
ところで特定保健用食品、
別名トクホとよばれていますが、
これはいったいどのような基準なのでしょうか。

トクホとは、それぞれの商品ごとにつけられる基準で、
有効性や安全性の科学的根拠があり審査を通過した食品のことです。
かつては厚生労働省が管轄でしたが、現在は消費者庁というところに移行しているそうです。
多量にとることで予防効果が得られたり病気が治るわけではないですが、
からだに影響を与えて保健効果を得られる商品になります。

・どのタイミングで飲むのがいいの?

米や麺に多く含まれる「糖質」の吸収、して「脂質」の吸収をゆるやかにしてくれる本商品。
ではどのようなタイミングで飲むのが一番よいのでしょうか。

それはずばり「毎食事」です。

からだすこやか茶Wに含まれる難消化性デキストリンは、
食事の際の糖や脂質の吸収を抑えてくれます。

そのため食事中以外にとるよりも、
食前、食事中、食後などに飲む方がよいのです。

炭水化物やあまいスイーツを大量にいきなりとると血糖値が急上昇しますが、
これは体中の血管に負担をかけます。
糖尿病患者が目や手先に障害を起こすことがあるのは、
細い血管から先にダメージを受けているからです。
本商品はさっぱりして飲みやすく、色んな食事にも合うので、
ぜひ食事に合わせて飲んでみてください。