トクホ 大正ヘルスマネージ大麦若葉青汁 キトサン配合って何がいいの?
大正製薬の大正ヘルスマネージ大麦若葉青汁 キトサン配合はコレステロールを低下させる身体に優しいトクホ(特定保健用食品)です。なんて言う謳い文句を見かける事も多いと思います。

大正製薬ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサン
では、よくよく考え考えるとトクホ(特定保健用食品)とは何でしょう。

【特定保健用食品】
健康増進法26条に基づいた生理的機能、特定保険機能について定められた有効性、安全性に関する科学的根拠に対して、厚生労働大臣の認可を受けた食品と言う事のようです。
要は、高齢社会の拡大を受けて国が健康増進について定めた健康への有効性と安全性の科学的な基準値を超えていると認められた証と言う事です。

ですから大正ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサン配合は国から認められた健康食品という事になります。

国から認められた大麦若葉青汁 キトサン配合ですが、どのような健康への有効性や安全性を持っているのでしょう。

先ずは【大麦若葉】についてから探っていきます。
大麦若葉とは、日本人にも馴染み深い大麦の若葉の事を指します。食物繊維はもちろん、各種ビタミン、カテキン、葉酸、カルシウム、マグネシウム、鉄分、亜鉛、カリウム、SOD酵素 など栄養素を豊富に含んでいます。

更に食物繊維はキャベツの約15倍、ビタミンB2はアスパラガスの約9.5倍、カルシウムは牛乳の約10倍、葉酸は小松菜の約6.5倍、鉄分はほうれん草の約8.8倍 という量の栄養素が凝縮されて詰まっていると言いますから驚きです。

続いては【キトサン】のコレステロール低下の効果について探っていきます。
キトサンのコレステロール低下の効果は ケーキや和菓子など甘い物が好き・揚げ物、肉など脂っこいものが好き という方にも有効に働いてくれるようです。

では、キトサンのコレステロール低下の効果とは何でしょう。
それは、コレステロールの吸収を抑える効果です。

「キトサンの働き」
キトサンとはカニ由来のキチンを加工してつくられている不溶性植物繊維の事で、血中コレステロールの働きを活発にし、主に悪玉コレステロールの再吸収を抑え排出してくれる効果があると言います。

「コレステロールと悪玉コレステロール」
元々コレステロールは人が生きていく上で欠かせない脂質の1つですが、近年コレステロールというと身体に悪いイメージが定着してきています。それは悪玉と言われるLDLコレステロールの影響だと言います。

しかし、本来コレステロール自体に善(HDL)悪(LDL)があるワケではありません。

LDL(悪玉)コレステロールは血中でのコレステロールの運搬役を担っており、身体の各所に必要なコレステロールを運んでいます。しかし、運び過ぎると血管の内壁にへばりつくように溜まっていき動脈硬化を起こしやすくなり、心筋梗塞や狭心症、脳梗塞の確率を高めてしまいます。これがLDLコレステロール=悪玉と言われる原因です。

反対にHDL(善玉)コレステロールは身体に悪影響を及ぼす量になったコレステロールを細胞壁から運び出す役割をする事でHDLコレステロール=善玉と言われています。

キトサンはこのLDL(悪玉)コレステロールの吸収を抑えるとされています。これにより大麦若葉青汁 キトサン配合で実験したところ、結果は摂取4週間目で悪玉コレステロール低下の効果が現れてきたと言います。

【トクホ 大正ヘルスマネージ大麦若葉青汁 キトサン配合についてのまとめ】
上記で紹介したように大正ヘルスマネージ大麦若葉青汁 キトサン配合は、大麦若葉、キトサンなど身体に良い成分をふんだんに取り入れた。現在の高齢社会日本には必須と言っても良いくらいの商品だと言えます。
また、大麦若葉青汁 キトサン配合 は飲みやすさも考慮して抹茶も配合されていますからスッキリとした飲み口になっています。今まで抵抗があった方にもオススメしたい それが大正製薬の【大正ヘルスマネージ大麦若葉青汁 キトサン配合】なのです。