若返り!
青汁で得られるアンチエイジング効果4選

昨今の美容ブームや健康ブームとともに、心身ともに若々しくいるための「アンチエイジング」が注目されるようになりました。
「実年齢よりも若く見られたい」
「いつまでも若々しくいたい」
「コンプレックスを改善してきれいな肌を手に入れたい」
そんな美意識あふれる人のために、
青汁で得られるアンチエイジング効果についてお伝えいたします。

・若返りアンチエイジングとはなにか?

アンチエイジングとは、
年を重ねることで起こる体の衰えを、
できる限り食い止めるということです。

「いつまでも若く見られたい」「きれいでいたい」という願望は、
男性女性に問わず誰にでもあると思います。

アンチエイジングとはそういう願いのために行うものであり、
筋力トレーニングなどの運動指導やホルモンを使った方法、
サプリメントなど、
さまざまなものがアンチエイジングに有用であると実践されています。

・青汁で得られるアンチエイジング効果とは
むくみが解消できる
青汁を飲むことで、体のむくみが解消されるようになります。
寝起きの顔、
夕方ごろの足など、
私たちは1日中むくみに憑りつかれているように感じることがあります。

朝はすっと履けた靴が、
夕方にはパンパンできつくなっていることもよくあります。

そんなしつこいむくみが、
青汁に含まれる豊富な「カリウム」によって解消されやすくなります。

むくみを取り除くためには、
私たちの体内に多くなった塩分を外に排出することで、
溜まっていた水分も一緒に排出させる必要があります。

カリウムを摂取することで体内の塩分濃度が一定のバランスで保たれるようになり、
尿などとともに余分な水分が外へ出されます。

現代はカリウム不足の人が多い傾向にあるそうです。
カリウムを摂ることはむくみを予防するだけでなく、
高血圧を予防する効果もあります。

積極的に青汁を飲んで不足しがちなカリウムを補いましょう。

肌にハリとつやが生まれる
青汁を飲み続けると、
肌の調子がグッとよくなります。

青汁には「ビタミンE」「ビタミンC」「ビタミンA」など豊富な栄養素が含まれています。

ビタミンEは血行をよくすることで美容に大きく役立ってくれます。
血の巡りがいいと肌の調子を整えるために必要な栄養が細胞に届きやすくなり、
老廃物も排出しやすくなります。

ビタミンCには色素の沈着を防ぎ紫外線から肌を守ったり、
シミやシワを改善したり、
キメを整える働きがあります。

ビタミンAはコラーゲンの生成をサポートする効果や、
抗酸化作用があります。

ビタミンは過剰摂取してはよくありませんが、
適正な量を毎日摂取することで体が生き生きとしてきます。

青汁を飲むことを習慣にし、
これらのビタミンを欠かさないようにすると体の内側から肌をきれいにしてくれます。

抗酸化作用たっぷりで体のサビを予防
老化の原因とされるのが体の酸化です。

酸化が進むと肌にシミやシワができるだけでなく、
動脈硬化やがんなどの病気も起こしやすくなるといわれます。

青汁に含まれる「ビタミン」や「酵素」にはこの酸化を防止する「抗酸化作用」があります。

酵素は熱に弱いため、
青汁のように加熱調理せず、
そのまま飲める食品から摂るのが効果的です。

便通の改善
青汁には豊富な食物繊維が含まれています。
その食物繊維は腸内の善玉菌の働きをサポートし、
腸内環境を良好に保つ効果があります。

現代人は食物繊維が不足しがちなため、
簡単に摂取できる青汁は長く続けやすいと思います。

便通を改善することは脳にも良い影響を与えるとされ、
精神状態が安定しやすくなりストレス耐性もつくようになります。

また、便通を改善することでニキビや吹き出物が出にくくなり、
肌の調子も改善されます。